国際キワニス日本地区

The Japan District of Kiwanis International

みんな集まって子ども達のために活動する国際奉仕団体

NUN-Kee-Wan-is

児童養護施設への活動支援プロジェクト
西宮キワニスクラブ
資金集めまたは奉仕の区分音楽、バザー等チャリティ イベント収益金
実施時期2005年より毎年
実施場所児童養護施設、子供病院
事業の対象者児童養護施設、子供病院
他の組織や個人との協力日本クリニクラウン(子供病院への活動のみ)
経費又は集めた額と負担者毎年6団体に10万円総額60万円を西宮キワニスクラブより支援
プロジェクトの内容クラブの活動の一環として、2005年より毎年、関西に拠点を置く、小児病棟、 児童養護施設、障害者施設等の未来を創る子供たちに対し、資金面だけでなく、 目に見える支援活動をしている。  (主な支援先と活動) ①ヨハネ会ヨゼフ寮:家族会に出席し、イベントの手伝い、 ②水上隣保館:4月の桜バザーの手伝い、 ③あぜくら社会福祉会:あぜくらバザーの手伝い、 ④三光塾:クリスマス会に出席、⑤日本クリニクラウン協会:病院訪問、 ⑥チャイルドケモハウス:チャリティ・ウォーク参加
クラブの参加者クラブ会員
クラブ外の参加者クラブ会員の友人
事業の狙い継続的な支援活動を行うことで恵まれない子供たちを援助する。
地元での評価資金援助のほか継続的な支援により各施設から高い評価を得ている。 また、贈呈式の様子は新聞にも取り上げられ報道されている。
実施上の問題点限られた支援金を如何に有効に活用するかが課題である。
その他実施面での工夫等支援金額は、毎年同額で限られているが、支援開始から累計すると 1団体に150万円近くの寄付となっており、毎年継続することが 重要でまた大きな力となっている。 毎年6月に支援先施設及び支援活動団体の代表の出席を得て、 資金贈呈式を行い、各施設及び活動の現状を報告頂き、クラブとして より効果的な支援及び活動の参考としている。