HOME > キワニスドールをつくる会 > エドワーズライフサイエンス社のドール作り

エドワーズライフサイエンス社のドール作り

エドワーズライフサイエンス社のドール作りエドワーズライフサイエンス社は米国系の医療器具製造企業で、今年度初めてキワニスドール作りに参画することになりました。同社はSOC(Strengthen Our Community)と称するボランティア活動を社員に積極的に勧奨しており、キワニスドール作りもその一環として社長室と広報室のスタッフをリーダー格に意欲的に取り組んでおられます。
10月6日と31日に東京支店、24日には東京本社でと、短期間に集中的なドール作りが企画され、それぞれに当クラブからスタッフが訪問して綿詰めとくけ縫いの指導を行いました。社員の皆さんの真摯なドール作りの姿勢には大変感銘いたしました。また、女性のみならず男性社員も見事な綿詰めとくけ縫い技術を駆使して素晴らしいドールを完成させていたことも印象的でした。
同社では11・12月にかけて大阪・名古屋・福岡の地方支店でもドール作りを開催する予定ですが、これには東京で訓練を受けた同社のベテランスタッフが指導に赴き、今回、全国で約100体のドール作成を目指すということです。
このようにキワニスドール作りの輪が着実に広がっていることは力強い限りです。
キワニスクラブとしては、引続き、真に子ども達に喜んでもらえる質の高いドール作りを普及させる重要性を再認識して取り組んでまいりたいと思います。

細田事務局長

エドワーズライフサイエンス社のドール作り

ページのトップへ