HOME > 活動紹介 > キワニスドールとは > 過去のニュース

キワニスドールとは

過去のニュース

下記をクリックすると、各項目に飛びます。

  1. 製作活動
  2. 寄贈先開拓活動
  3. ドール展示会
  4. 現場の声
  5. 「キワニスドール月間」の活動
  1. キワニスドール・ニューズレター(PDF)
    2006年4月2006年10月2007年4月2007年10月
    2008年4月2008年10月2009年4月2009年10月

1 製作活動

◎第7回明治学院大学でのドールをつくる会
(2004年7月8日)

◎第2回淑徳短期大学でのドールをつくる会
(2004年7月14日)

◎第3回淑徳短期大学でのドールをつくる会
(2004年7月15日)

◎田園調布学園でのドールをつくる会
(2005年6月18日)


2005年6月18日に、田園調布学園中等部・高等部のボランティアグループの方々と、「キワニスドール」を一緒につくりました。その時の感想文が届きました。
下記をクリックしてご覧下さい。

・ 「ドールつくり感想文」(2005.10)

◎淑徳短大でのドールをつくる会
(2005年7月6日)

◎田園調布学園でのドールをつくる会
(2006年6月24日)

◎広尾看護専門学校の学園祭でキワニスドールをつくる会
(2006.10.21)

◎田園調布学園でのドールをつくる会
(2006年11月11日)

ページのトップへ

2 寄贈先開拓活動

(東京クラブ:順不同) 2006年11月30日現在

キワニスドール寄贈先一覧
寄 贈 先
個数
(001) 山王病院 1
(002) 聖路加国際病院 小児科 107
(003) 東大医学部付属病院 155
(004) 慶應義塾大学病院 205
(005) 北里大学病院 20
(006) 東京厚生年金病院 小児科 42
(007) 市立堺病院 小児科 10
(008) 東京都立墨東養護学校 100
(009) 東大阪市立総合病院 5
(010) 伊丹市立伊丹病院 10
(011) がんの子供を守る会 50
(012) 八王子東養護学校 10
(013) 山田浩美、慎二 1
(014) 日野市立病院 さわやか学級 10
(015) 東京逓信病院 31
(016) こんだこども病院 3
(017) 東邦大学医学部 附属大橋病院 5
(018) 長崎大学医学部附属病院 20
(019) 大塚貞子先生 5
(020 )消 防 庁 1
(021) 玩具ボランテイア 1
(022) 順天堂病院 350
(023) 筑前山田赤十字病院 1
(024) 栗山赤十字病院(北海道夕張郡栗山町) 10
(025) 高山赤十字病院 3
(026) 淑徳短期大学 1
(027) フイランソロピー(取材) 1
(028) 山梨県立看護大学 90
(029) 国立久里浜看護学校 10
(030) 市立甲府病院 20
(031) 自治医科大学 医学部付属病院 50
(032) 都立保健科学大学 保健科学部看護学科 30
(033) 東京女子医科大学 1
(034) こどもの病院環境&プレイセラピーネットワーク 10
(035) 都立広尾看護専門学校 180
(036) ナーシングビラ与野 30
(037) 独協医科大学病院とちぎ子ども医療センター 20
(038) 淑徳短期大学非行問題研究会 5
(039) 全国病弱研究大会 100
(040) 全国訪問教育研究大会 150
(041) 大分大学付属病院 20
(042) 沖縄県立泡瀬養護学校 34
(043) 青森県立浪岡養護学校 40
(044) FBM研究プロジェクト 30
(045)愛育病院(東京) 1
(046) 上尾中央看護専門学校 20
(047)飯塚病院(福岡県) 1
(048)石川県立看護大学 3
(049) イタリア・パロマ 2
(050)茨城キリスト教大学看護学部 200
(051)茨城県立医療大学 20
(052) 茨城県立こども福祉医療センター 10
(053)NTT東日本関東病院小児科 1
(054) 愛媛県庁 1
(055)MSキャビン 4
(056) 青梅市立総合病院小児科 1
(057) 大分こども病院 51
(058) 大分大学医学部 2
(059)大阪市 藤谷宏子先生 2
(060) 大阪府立母子保健総合医療センター 2
(061)小瀬こどもクリニック 5
(062)鹿児島県阿久根市民病院附属看護学校 20
(063)鹿児島県名瀬市障害児保育園 70
(064) 鹿児島大学病院 30
(065)鹿島建設 2
(066) 神奈川県立保険福祉大学 5
(067)金沢医科大学附属看護専門学校 8
(068)金沢市 8
(069)金沢大学医学部 32
(070)亀田医療技術専門学校小児看護学 20 20
(071)河北総合病院 22
(072) 北里研究所メディカルセンター病院 52
(073) 北野病院 小児科 2
(074) 北杜市役所 30
(075)キッコーマン総合病院 10
(076)岐阜医療科学大学看護学科 2
(077) 木村慶子(東京) 2
(078) 杏林大学医学部小児科 11
(079) 杏林大学保健学部(東京) 2
(080)熊本赤十字病院 10
(081)倉敷市立児島市民病院 30
(082)群馬県立小児医療センター 1
(083)群馬大学医学部附属病院小児科 50
(084) 小出クリニック(岡崎市) 1
(085)国立がんセンター 3
(086)国立成育医療センター 14
(087) 国立病院機構 相模原病院小児科 1
(088)国家公務員共済組合連合会虎の門病院小児科 1
(089)近藤洋子(東京) 1
(090) 佐々木孝子(長野県) 1
(091)札幌医科大学 50
(092) 佐藤京子(東京) 1
(093)さとうこどもクリニック(筑後市) 11
(094) 佐渡総合病院 小児科 11
(095)自衛隊仙台病院 中川純子先生 1
(096)自衛隊中央病院 90
(097) 自治医科大学看護学部 小児看護学 30
(098)島根大学医学部看護学科 10
(099) 島根大学医学部附属病院 20
(100) 社会福祉法人こぐま福祉会 10
(101) 社会保険中央総合病院小児科 1
(102) 昭和大学附属豊洲病院小児科 1
(103)市立堺病院  小児科 10
(104) 市立函館病院 1
(105) 心身障害児総合医療療育センター小児科 1
(106)聖隷クリストファー大学看護短期大学部 20
(107)聖隷浜松病院 C4病棟 20
(108) 聖隷三方病院 15病棟 20
(109)赤十字子供の家 20
(110) 関秀俊(金沢市) 1
(111) 台湾地区総会 4
(112) 高屋こども診療所(京都) 1
(113)立川相互病院附属こども診療所 1
(114) 茅ヶ崎市立病院小児科 6
(115)千葉県千葉リハビリテーションセンター 30
(116)千葉大学看護学科 10
(117)中部大学 2
(118)筑波学園病院 20
(119) 筑波大学附属病院 50
(120) 帝京大学医学部小児科 21
(121) 帝京大学医学部附属溝口病院 2
(122) 帝京平成大学小児看護学 20
(123) 天理よろづ相談所病院(奈良県) 2
(124) 同愛記念病院小児科 21
(125) 東京警察病院小児科 31
(126)東京厚生年金病院 小児科 42
(127) 東京慈恵会医科大学 40
(128) 東京慈恵会医科大学 青戸病院 小児科 1
(129)東京慈恵会医科大学 柏病院 小児科 1
(130)東京慈恵会医科大学 小児科 1
(131) 東京慈恵会医科大学 第三病院 小児科 1
(132)東京女子医科大学 1
(133)東京女子医科大学看護学部 100
(134) 東京女子医大病院 20
(135)東京大学大学院医学系研究科 3
(136)東京都立府中病院小児科 1
(137) 東京西徳洲会病院 10
(138) 東濃看護専門学校(岐阜県) 1
(139) 戸田中央総合病院 1
(140) 鳥取県立中央病院6階 6
(141) 鳥取大学医学部 12
(142) 富岡総合病院(群馬県) 20
(143)富山大学付属病院 1
(144) 都立大塚病院 15
(145) 都立北療育医療センター 1
(146)都立清瀬小児病院 30
(147)都立清瀬病院 1
(148)都立墨東病院 2
(149)仲池上保育園 1
(150) 中野区役所 子供家庭部 10
(151) 長浜赤十字病院(滋賀県) 1
(152)名古屋逓信病院 1
(153) 鳴門教育大学(徳島県) 1
(154) 日赤北海道看護大学 10
(155) 日本医科大学看護専門学校 8
(156) 日本歯科大学共同研 4
(157)日本小児科学会(金沢) 300
(158) 日本小児保健学会(甲府) 500
(159) 日本赤十字看護大学 50
(160)日本赤十字社 38
(161) 野田看護専門学校 10
(162) 浜松医科大学小児科 1
(163)羽室俊子(保健師)東京 3
(164) 東大阪市 岡本病院 2
(165) 広尾看護専門学校 80
(166)ファイザー梶i製薬会社) 10
(167)防衛医科大学校病院 102
(168) 北海道上川郡養護学校 20
(169) 松江市 4
(170)松阪看護専門学校 2
(171) 三重病院 1
(172) 三井記念病院 2
(173)みやがわクリニック(福井県敦賀市) 4
(174) みやた小児科医院 10
(175) 武蔵野赤十字病院 100
(176) 武蔵野赤十字保育園 80
(177) 森こどもクリニック 1
(178) モントリオール 1
(179) 山口県立大学看護部 70
(180) やまぐち小児科医院(福島県) 40
(181) 山田奈生子(水天宮前小児科) 2
(182) 山梨学院短期大学(山梨県) 1
(183) 山梨大学医学部 1
(184) 和洋女子大学 10
合      計
5115

◎伊藤康成会員のご尽力により、
「自衛隊中央病院にキワニスドール10個寄贈」
(2004年12月27日)

◎青野厚子会員のご尽力により
「東京大学医学部附属病院にキワニスドール55個寄贈」
(2005年4月18日)

◎「自衛隊中央病院でのドール贈呈式」
(2005年6月22日)
80個のドールを寄贈しました。

◎「東大病院でのドール贈呈式」
(2005年7月14日)

◎「日本赤十字社でのドールの贈呈式」
全国のキワニスクラブの協力を得て、500個のドールを贈呈しました。
(2006年10月11日)

ページのトップへ

3 ドール展示会

◎国際基督教大学学園祭にキワニスドールを展示
(2004年10月30日,31日)

◎淑徳短期大学学園祭にキワニスドール展示
(2004年11月20日、21日)

◎金沢小児科学会でキワニスドール展示
(2006年4月21日-22日)

◎キワニスドールのビデオ製作中のインタビュー風景
(2005年7月11日)

ページのトップへ

4 現場の声

◎「青森県立浪岡養護学校」からのメッセージ
(2005年2月)

たくさんのメッセージが来ています。
ドールを抱いた子供たちの声が聞こえてきます。

   

【1】


学年:小5(男)
指導時間:休み時間

生徒の反応・言葉等
とても喜び、すぐに前日に見たテレビドラマの主人公の顔を描くことを決め、描いた。家に持って帰り、翌日、学校にもって来た。
昼休みにキャスターボードに乗せて引っぱったり、トランポリンで一緒にはねたりした。
数日間持ってきていたが、もって来なくなってからは、枕もとに置いているそうだ。

   

【2】

学年:中1(女)
活動時間:生活単元学習
テーマ:「人形に顔を描こう、服を着せよう 」

生徒の反応・言葉等
文化祭の劇の時のシンデレラの衣装を着た自分を黙々と描きました。本当はドレスですが、できあがったものを見て、とてもうれしそうでした。3学期にピンクの布でスカートを縫わせたいと思っています。
他の先生が人形を指さして「だれ?」と聞くと、「○○!」と自分の名前を元気に答えていました。

   

【3】

学年:中1(女)
活動時間:生活単元学習
テーマ:「人形に顔を描こう、服を着せよう」

生徒の反応・言葉等
指導者と一緒に、その時間に着ていた服で描きました。目も、ほくろの位置も本人にそっくりなので、この子も「だれ?」と聞かれて、自分の名前を答えていました。恥ずかしそうにしていました。自分では抱いたり撫でたりしませんが、指導者が「かわいい、かわいい」と言って頭をなでると、にこにことうれしそうにしていました。やめると、「またやって」と言うように手を人形の方に持ってきます。(クレーン動作)

   

【4】

学年:中1(女)
活動時間:生活単元学習
テーマ:「人形に顔を描こう、服を着せよう」

生徒の反応・言葉等
他の子はみんな、背面をそのまま同じ人の背面で描いたのですが、この子は、初めに描いた方は宇宙からやってきた女の子マコちゃんで、背面は自分だということでした。写真は自分の側ですが、涙をこぼしています。「どうして泣いているの」と聞いても、答えませんでした。この子は通学生で、同じ障害を持つお兄さんと一緒にお母さんの車で学校に通っているのですが、この時お兄さんの脊椎の手術のため、お兄さんは大学病院へお母さんはその付き添い、自分は学校に隣接する青森病院に入院し、さびしかったのかも知れません。

   

【5】

学年:中1(男)
活動時間:生活単元学習
テーマ:「人形に顔を描こう、服を着せよう」

生徒の反応・言葉等
クラスは違うが同学年のあこがれの女の子の人形にすると言って、 本当に一生懸命に取り組んでいました。どんな服にしようかなと かなり迷った後指導者の「いっそ水着にしたら」という冗談を真に受けて、作者が大好きなピンクの水着にしました。「デートは海もいいなぁ」という作者の談です。早く入院病棟に持って帰りたくて、何回も「いつ持って帰れるの」と聞いていました。もともとぬいぐるみや人形が大好きな子なので、自分が作ったあこがれの女の子の人形に、舞い上がりそうにうれしそうでした。

   

【6】

学年:中1(女)
活動時間:学級活動
テーマ:「このお人形をあげます」

生徒の反応・言葉等
この生徒は、自由に楽しそうに、人形で遊ぶ。家に持って帰らず学級に置いて、休み時間や放課後、時々遊んでいる。ネックレスをつけたり、洋服を作ったりするが、顔は描かない。その時は無言であるが、笑顔で作業している。同じ学級の他2名の女の子は、1名は、何も描かず1時間黙って人形を見つめ、時間が終わると「病棟に持って帰りたい」と抱いて持って帰る。もう1名は、さわろうとしなかった。

   

【7】


学年:小1(女)
指導時間:休み時間
テーマ:「ままごとあそびをしよう」「おいしゃさんごっこをしよう」

生徒の反応・言葉等
本児はごっこ遊びが大好きで、遊んでもよい時間だとわかると、ピンクの人形と一緒に遊び始めます。ピンクも大好きな色なので、とても気に入って大事に扱っています。本児は一人っ子なので、妹にするのかな?と思いましたが、"お姉さん"なのだそうです。でも、「お昼寝だよ。」と言ってタオルをかけてあげたり絵本を読んであげたりと、お世話をしてあげることを楽しんでいます。自分がお医者さんや看護婦さんになって歯や耳に薬を塗ったり、手術をしたりもしています。友だちがお腹が痛いと横になった時、人形をお腹に乗せ、その上から布をかけて「赤ちゃんいるんだよ。」と言って産まれた赤ちゃんを別の布で包み、ベッドに寝かせたこともありました。

   

【8】


学年:小5(女)
指導時間:休み時間
テーマ:「歯医者さんに行こう」

生徒の反応・言葉等
歯科通院時、フッ素を塗布するだけでも泣いて大暴れするという本児に活用。白の人形を選択。虫歯のある大きな口と目のみ描き名前を付け、学年を本児と同学年に設定し、歯医者さんごっこ等をして遊んだ。 自分は病院スタッフ役になり、「○○ちゃん、寝て下さい。」「次は○曜日○時に来て下さい。」など自分が言われていることと同様のことを人形にも言っている。また、指導者がわざと「こわいよ。」と泣くまねをすると、本児は「大丈夫。A子(自分のこと)ついてるから。」と励ましの声をかけた。初めは人形の頭を叩く行為もみられたが、頭をなでるようになり、叩く行為はなくなった。人形使用後、歯科通院がないため、実際の通院時の変化は不明。

   

【9】


学年:中3
活動時間:休み時間等
テーマ:「このお人形をあげます」

生徒の反応・言葉等
5名在籍。男子2名、女子3名。全員顔や衣服は描かない。1名のみ、家に持って帰る。他は学級に置いておく。男子2名は振り回したり、ボディブローをしたりする。この2人はお互いにもやっていることを、人形相手もしているという感じである。女の子2名は、時々ぎゅっと抱きしめたり、机においてながめたりしている。この学級は全員白を希望する。担任は「いらない」と言われるかと思っていたようだが、みんな素直にもらって、それぞれに活用しているようだ。

ページのトップへ