国際キワニス日本地区

The Japan District of Kiwanis International

みんな集まって子ども達のために活動する国際奉仕団体

NUN-Kee-Wan-is

キワニス人形(ドール)について

 綿を詰めた白無地の人形“キワニス・ドール”は、小児科の医師がドールの部位を指差して患者の子どもたちから病状を聞いたり、治療の説明をしたりして、子どもたちから恐怖心を取り除きつつ、診察や治療をスムースに進めるのに役立たせます。

 このドールは、1993年ごろ南オーストラリアで使われ始めました。そして国際キワニスのネットワークを通じ全世界に広がっています。今最も普及しているのはノルウェーやスウェーデンといった北欧の国々のようです

 このような動きを知った東京キワニスクラブも、2001年10月、会員自身が汗をかくボランティア活動の一環として、このドールを制作し、小児科の病院に使っていただこうということになりました。そして2001年ボランティア国際年記念行事に参加して、この年の12月1日に代々木国立オリンピック青少年総合センターで開かれたフォーラムに、キワニス・ドールを出展したことをきかっけに、本格的な取り組みが始まりました。

 ドールを作るのはまず会員です。月に一度第2金曜日に「キワニス・ドールを作る会」として都合のつく時間に事務局に三々五々集まり、自由に人形作りをしています。男性会員も60歳台以下の人々は、小学校の家庭科の授業で裁縫を習った経験がありますから、覚束ない手っきながら人形を縫っています。もちろん自宅に持ち帰って、家族も一緒に作っています。明治学院大学、淑徳短期大学等へ出かけていって、若い学生さん達のボランティアグループと一緒にドール作りをすることもあります。このキワニス・ドールの話が、NHKラジオで取り上げられましたので、外部のボランティアの方々が「作る会」に参加したいということで、事務局にお出でになることもあります。

 このような活動は他のキワニスクラブでも取上げられ、これまでにドールを寄贈した病院数は、聖路加国際病院、慶応病院、順天堂大学病院、東大病院等全国で100以上におよび、3500個以上のドールを寄贈しました。益々多くの会員がこのドール作りに参加されることを期待します。

  • 形状
     白い(またはパステルカラー)木綿生地にポリエステル綿を詰めたキワニスドール。身長約40cm、体重約50g、とても素朴な形で、目も鼻も口もありません。ただ一つ身に付けているのは、国際奉仕団体キワニスのマークの小さなラベルだけです。しかし、このちょっと風変わりな、ノッペラボウの小さな人形が、普通の玩具の人形とは違った方法で、病気の子供達に大きな力を与えています。
  • 生い立ち
     1993年以来、南オーストラリア全域で成功を収めているドール・プロジェクトが、1994年ノルウェー地区のヘルシンキ総会で紹介され、2001年11月に日本地区に導入されました。
  • 使い方
     お医者さんは人形に内蔵の絵を描いて、治療の説明に使っています。人形に注射をしたり、手術の説明にも使われます。看護大学では実習に使われたり、養護学校では児童に体の説明に使われたりと様々な使われ方をしています。小さな患者さんは大好きな人の顔を描いていつも側に置き、退院の時は持ち帰って大切にしています
  • 納入先
     現在までに聖路加国際病院、東大病院、慶應病院をはじめ104の医療機関その他に3600個のドールを贈り、小さな患者さん達を癒し、医療関係者と患者さんとのコミュニケーションをスムーズにしております。
  • 反響
     聖路加病院の小児科、大野先生より「夜など、お母さんのいない子供達が抱きしめて寝るんですよ」とお電話をいただきました。北里病院ではこの頃のおもちゃは鉄やプラスチックが多く、抱いても癒されません。このお人形は抱くのにとてもいですねと、お褒めをいただきました。順天堂大学山城教授からは「人形は真っ白でなにもないからとても良い、子供達がそれぞれ工夫をするし、それに個性も出ます」と喜んでおられました。