国際キワニス日本地区

The Japan District of Kiwanis International

みんな集まって子ども達のために活動する国際奉仕団体

NUN-Kee-Wan-is

キー・クラブは、1925年設立、2015年10月現在では会員数約272,000名、クラブ数5,180を超える世界最大の規模をもつ高校生組織で、インディアナポリス世界大会においては、キー・クラブ会長が今後5年間で300万ドルのエリミネイトへの募金金額を公約したというほどの、キワニスファミリーでは最もエネルギッシュなパワーのある組織といえます。

 日本のキー・クラブ

認証

認証状授与式

名称

スポンサー

2015/9/30

2016/1/9

座間アメリカン・ハイスクール・キー・クラブ

東京キワニスクラブ

 

座間アメリカン・ハイスクール・キー・クラブ

 

 

日本初キー・クラブ設立の発端は、2015年6月、座間米軍基地内にある座間アメリカン・ハイスクールの学生が、キワニス国際本部に一通のメールを送ったことに始まります。「授業でキー・クラブの存在を知り、自分たちの学校でも設立したい」という熱いメールが本部から日本地区に届き、東京クラブがスポンサークラブとなり、日本初キー・クラブを誕生させることになったのです。彼らの熱意や積極性はもちろんのこと、信頼できるスクールアドバイザーの先生の存在、校長先生のキワニスクラブへの深い知識と理解、キワニスクラブの保護者への認知度など、日本初のキー・クラブがスタートするに申し分のない環境であったといえます。アメリカでのキワニスの知名度の高さを改めて認識すると共に、座間アメリカンハイスクール・キークラブのエネルギッシュな活躍が日本地区に新風を吹き込んでくれることを多いに期待すると共に、キワニスファミリーとして一緒に活動できるのが本当に楽しみです。

 

文責:青少年教育委員長 多田 玲子(2016年3月)