国際キワニス日本地区

The Japan District of Kiwanis International

みんな集まって子ども達のために活動する国際奉仕団体

NUN-Kee-Wan-is

キワニス日本地区認定証-2-0.jpg

東京クラブに続き名古屋、大阪にもキワニスクラブが設立された1968年、日本各地に設立されていく各クラブ間の連携を強め、全国的規模での奉仕活動の推進を図り、また国際キワニスとの連絡、調整を効率よくするために国際キワニスの組織としての国際キワニス日本地区を設立する目的で日本キワニス委員会が発足し、1977年国際キワニスの組織として国際キワニス日本地区が発足しました。

地区役員のトップはガバナーといい、毎年キワニスクラブの所在する都市で地区大会を開催しています。

日本地区では各クラブが共に取り組む奉仕活動として小児治療の手助けとなる「キワニス・ドール」の作成、児童虐待防止活動への協力を行なうほか国際キワニス主導のもとのヨード欠乏症(IDD)対策に参加協力してきましたし、いままた国際キワニス主導の母子破傷風防止対策へ参加・協力しようとしています。 内外の大規模災害に対しては国際キワニスの呼びかけに応じたり、独自のイニシアティヴのもと災害義捐金の募金をおこなっています。

日本地区では毎年隠れた伝統工芸の伝承者を顕彰するとともに国際キワニスと連携して身を犠牲にして他人のために尽くした方にコネリー賞を贈呈しています。

2010年にはキワニスの公益事業に対する寄付行為を免税とするため公益財団法人日本キワニス財団が設立されました。

就任期間ガバナー回数開催地開催日
No records found

※ 開催地に下線のあるものは報告書へのリンクです